店頭表示

多言語店頭表示について

訪日ゲストに基本情報をわかりやすく伝えよう
ー必ず伝えるべき情報、よく聞かれる質問を店頭表示やピクトグラムなどを用い、分かりやすく表示しましょう

ご来店からご購入時に必要な情報を伝えるために、店頭に掲出を推奨する表示・POP・ピクトグラムを活用しましょう

推奨POP・ピクトグラム

現在準備中

ガイドライン「4 店頭表示分野における多言語対応」をご確認ください。

その他 店頭に提出可能な表示

シンボルマークを掲示することで、訪日ゲストへのサービス提供、PRに役立ちます。

桜マークを基調としたロゴマークは、訪日外国人旅行者の認知度や識別性を向上させ、利便性を高めると共に、訪日外国人旅行者に情報発信を行うことを目的として定めているため、それぞれのサービスを取り扱う場合は、各機関・団体に申請を行った上で、当該ロゴマークを掲示するように努めてください。

多言語通訳コールセンター

小売プロジェクトチームでは、訪日ゲストの買物環境の向上を目指し、多言語通訳コールセンターを現在、施行で実施しております。

多言語通訳コールセンター ご案内
対象:日本全国の小売店
利用期間:2017年10月1日~2020年3月31日
営業時間:24時間
通訳言語:日本語⇔英語、中国語(北京語)、韓国語
利用料金:施行のため無料
申し込み:

  • 問合せ例

多言語対応協議会小売PT取得データ(抜粋) 2018年10月末時点

関連団体

日本スーパーマーケット協会
日本フランチャイズチェーン協会
製・配・販連携協議会
東京商工会議所
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会
日本専門店協会
日本百貨店協会
日本スーパーマーケット協会 日本フランチャイズチェーン協会 製・配・販連携協議会 東京商工会議所
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 日本専門店協会 日本百貨店協会